2024年6月8日マイグレーション完了


diff-eq.comサーバマイグレーション完了のご報告

ドメイン取得からこの度のマイグレーションへの経緯

去年の今頃にdiff-eq.comというドメインを取得してその約10か月後にようやく本格稼働した微分方程式に関するサイトになるが、運用してわかったことだが、たとえVPSであってもCentOS7という古いイメージであるとそのOSによる脆弱性の問題、およびメモリが1Gであることに伴うレイテンシ遅延が問題になっていることが今回はっきりとわかった。

もともとさくらのレンタルサーバ(今でもそうならばフリーBSDという問題があるOSを使っている)に問題があること自体はわかっており、またシリウスなどというWebフレームワークにもそのシステム自体に問題が山積していることがわかっていて、2010年代の前半からサーバマイグレーションをする必要性は前々から感じてはいたのだが、当Webサイト管理人は本業がシステムエンジニア(専攻は物理学で物理学士)であることもあり本業が多忙であるため、なかなか時間が取れず今日まで先延ばしになっていたというのがある。

こうして実際に運用してみるとさくらの“寄り合い所帯サーバ(通常のレンタルサーバのこと)”であることもさることながら、たとえVPSでもCentOS7という古いOSだとそれなりの問題があることが次々にわかり、本格運用を始めてからたった2か月ほどでCentOS Stream9へのマイグレーションをすることとなったことは何とも如何し難い状況であるとは思う。

システムの更新の必要性

この2か月間に関しては作業量が半端じゃなくほとんど睡眠をとっておらず大変な作業であったのだが、今回マイグレーションをやってみて思ったことだが結果的にはレイテンシの改善やWordPressによるサイトの利便性、プラグインによる高機能化によって非常に満足のいく結果となっている。

いま改めて思うことだが継続するということが大事なことであることはもちろんそうだが、それはシステムのみならず人間も常にアップデートしていくことが何より重要だということが今更ながら実感してる次第になる。

今後もシステムのみならず己自身の向上を常に念頭に置き、今後も良質のコンテンツ提供を行っていければと思う。


PAGE TOP